i

VINEXPO:予想外のテースト

カウントダウンの始まり:VINEXPO、ワインとスピリッツのプロフェショナルの扉をボルドーにて、6月14日より18日に開く。約4800人の訪問者(120ヶ国)がエキシビションセンターに集合する。第18回このフェアーは、出会いと交流の場の本格的な新しい面を提供する。

フェアーは世界地図上に描かれる

42カ国2,350人の出展者の存在。毎年5億2300ケース(12ボトル入り)を生産するフランスは、2014年に世界最大のワイン生産国となった。今回のフェアーでは、17生産領域の製品を促進するためにスタンド面積の63%を占める。

毎年常例出展のイタリアとスペインはフランスと共に、世界生産の50%以上を占めている。他トップ10出展者の存在:ポルトガル、チリ、アルゼンチン、米国、英国、ドイツ、南アフリカ。新規出展:ラトビア、モロッコ、ペルー。今回初めて専用スタンドを持つ、カリフォルニア産ワインで最も大手のナパ・バレー・ヴィントナーズ

食品とワインのワークショップ

美食がフェアーの心を誘う。有名なシェフとソムリエのデュオによる食品とワインのワークショップと専用プログラム。

デジタルゾーン

VINEXPOのデジタル空間では、ワインと新技術に関する、ワインとスピリッツの業界全体と情報交換することができる。

 

VINEXPOアカデミー

真の発見の場では、非常に多くの試飲や会議を提供する。世界ワインの試飲は、グルジアと中国のワイン、日本の酒の発見、ワイン生産地域であるアルザス、プロヴァンス、トスカーナ、ドウロ、ブルゴーニュ、ナパバレーやボルドーのワインなどについての詳細を学ぶ機会となる。

このマスタークラスでは、ビオワインを発見することもでき、2013年世界最高ソムリエのパオロ·バッソ氏による目隠し試飲の案内も行う。

会議では、米国市場、アフリカ市場などの多様な被写体にピントを合わせる...

グレート・ワイン・キャピタルズ、オンラインワイン販売、物流、貨物輸送も、アカデミーの主体となる。この計5日間で約90の出会い、試飲や会議を開催する。

ザ・ブレンド:ネットワーキング夜のイベント

VINEXPOネットワーキング夜のイベント「ザ・ブレンド」は、フェアー参加者を特別に支援するための企画。6月14日の日曜日から17日水曜日の毎晩「ザ・ブレンド」は、来場者、出展者やジャーナリストの集いとなる。