ジルベール&ガイヤール:ワンクリックでEコマース

ジルベール&ガイヤールは、30年のワイン経歴を持つ。このプロジェクトのデジタルパートナーであるローリング・ボックス社代表パスカル・エベールのデジタル世界も同様。 Eコマースサービスにおける、この二重の専門知識は、間違いなく世界初だろう。



ジルベール&ガイヤールのプロジェクトが、なぜ彼を夢中にさせたのか、パスカル・エベール自身が説明する。「私の望みは、常にデジタルマーケティングのアウトソーシングにおけるパートナープレーヤーとしての地位を確立すること。ジルベール&ガイヤールの考え方は、私とまったく同様:プロバイダーを超えたパートナーであること。私は、2016年秋にこのプロジェクトに着手した。それは戦略の中心であり、私たちの哲学にも適している。目標は、ジルベール&ガイヤールとEコマースビジネス、ユーザーにとってシンプルで流動的なものにすること。」

 

ジルベール&ガイヤールのウェブのプロジェクトマネージャーである、オレリヤン・ブルニオは更に次のように語る。「ワインを適正価格で販売したいワインメーカーと、消費者にとって選択のシンプルさの2点が要点となる。サイトの情報はドメインから提供されるワイン価格であり、それに専門家による試飲情報が加えられる。このようなサイトは重要な存在価値がある。

 

パスカル・エベールは、次のように結論づける:「Eコマースは、使いやすさを重視し、ワイン世界で未来の先端を行く。」



シルバン・パタール

2018年1月15日