ジョシュ・デュアメル:「ワインの世界は厳しく、無慈悲である」

ジョシュ・デュアメルは、「トランスフォーマー」のスター、現在「未解決ファイルを開く:シャクールの殺人」と「ノトーリアス・B.I.G.」で演じている。 最近、歌手のファーギー(ブラック・アイド・ピーズ)と別れた彼は、花崗岩のように堅実でワインについて多くを学んだ。 特に、元彼女と共に...

 

ファーギーの父親は、常に土壌に情熱をかけた。最初は庭で始まり、リンゴ、柑橘、モモ、グアバ、ピーマン、アーティチョークなどを栽培した。

引退後はワイン作りを始め、ファーガリシャスとアクセルジャックを生んだ、とても良いワインである。この話で気に入っていることは、彼が土壌について最高な知識を得るために過ごした時間。それはただ単に指を鳴らすように簡単ではなかった。長時間を必要とした仕事であり、犠牲の上の犠牲、時には後悔もあり、その結果得たものである。最終的には多大な努力によって何百倍もの報酬を受けることができた。この夢の追求を諦めない人に無限の賞賛をおくりたい。

 

ワインの世界は、常にコントロールすることができないほど厳しく、無慈悲である。例えば気候条件など。途中で投げ出さない強固な決意をしなければならない!

 

フランク・ルソー著

201839