i

ワインメーカーには何の保証があるだろう?

激しい雨、季節外れの霜、夏に降るゴルフボール大の雹など。フランス地球温暖化の影響が感じられ特にワイン醸造業者は予期せぬ天候の影響を受け

 

ロワール渓谷では、2016年と2017年ににより新芽の多くを破壊された。アルザスでブドウ栽培者がすでに前年に被った損失をめようとしていたボジョレのように、2017年6月初、雹の激しい嵐がバラン県ブドウ園の一部を荒廃させた。 最南端の地域でも免れることはなかった季節外れの霜の襲撃に苦しんだ後、2017年フロントンも同様に雹に襲われてしまった。

は、社会保障拠出支払いの延期や未開発地への税還付を2017年4月に認めたが、悪天候による損害の一部は民間保険で保障されるだろう

FNSEA(フランス全国農業経営者組合連合)の報告によると、現在、農家の23%が農作物保険によって保護されてい。 「2012年以降、保険加入数急増基本契約見直し」、フランス初の農業組合のスポークスマン、ジェローム・ヴォル氏は更に「新しく契約レベルを上げるなら、ワインメーカーにもっと革新的なモデルを提案しなければならない」 と語る。特に、保険契約の額を指数化5年平均にする。 「過去3年間の保険料は非常に低かったので、契約保険価格2018年には、2%から10%に上昇する」とみている。

 

ブドウ栽培者にとって大きな課題、損害賠償額が表面積の30%を超えない場合は、保険料支払われない理由から、ヨーロッパの補助金を諦めることを選ぶジェローム・ヴォル氏は、「2019年より、現実に起こりうる災害に近い計画を立てるよう考慮すべき」とし優先事項について述べている。

 

アレクサンドラ・ルヴェヨン著
2018年2月22日