i

カトリーヌ・ゼタ・ジョンス:彼女はキッチンよりセラーがお好き!

この美しいウェールズ女性(イギリス)は、エピキュリアンを誇りに思っているユーエス・ライフタイムのドラマレルモ・ナヴァ監督の「コカイン・ゴッドマザー」では、コロンビアの麻薬密売人グリセルダ・ブランコを演じている。でも彼女が語るのは、はるかに合理的な中毒:美味しいワインについて

 

 

インタビュー:お話しする前に、キッチンでは、私はいつも大変なの。私がテーブルで良いワインを出すのは、私の作った料理を忘れさせるため20年以上前、マイケル最初のマイケル・ダグラス)がニューヨークのマンションでキッチンを改装したとき、私は次のように考えたわ。「素敵な料理を作ろう!」。でもパニックだった。肉燃え消火器をつかむか逃げるか、どうしようかと思った! マイケルが様変わりした美しかったブランドの銅を見、彼は私にこう言ったの、「本当にを喜ばせたいなら、このキッチンつま先すら入らない方がいいよは映画では素敵だけど料理は最悪

が思うに、カップルがうまくいく秘訣とは、レストランでワインを女性ばせること! それは男性が女性を信じるということ古い精神を持たないという証だと思う。レストランでは未だに多くのマッチョを見かける同席した人やソムリエに、ワインをよく知っている振りをする人がいるけど、実は何も知らなかったりするのよ

 

フランク・ルソー著

201832