i

理想的な個人ワインセラー、多大なお金を使うことなく良いワインを眠らせる

飛行機チケット同様、購入時期により高価になるワイン。しかしワインについては、まったく関連性がないリスクもある。これを少なくするための推奨事項をいくつか提案しようと思う。

 

どのワインを持つべきか?

3つのポイントで様々に:

ワインのスタイル:あなたが特定のワインに特別な愛情を持っているとしても、幅広い選択技を持つこと、例えば料理によって相性を考えたり、招く人に合わせて選び、自分の好みを押し付けないようにすること。

価格:偉大なワインだけをお持ちの場合、地元のお店が閉店した後に、例えば喉の渇きをおぼえた時などは、大切なワインを飲んでしまう事がある。それは残念なこと! 最高ワインを最適な機会に開けることが大切。日常にシンプルなワインを求めることで、ワインを適切に選択することができる(よく選べば価値に相応しい低価格のワインが存在する)。

保存:ワインはシンプルなワインでも、優れたワインでも、ピーク時に最も美味しい。店頭で衝動的に、古いミレジムのアロマを発見するのは、高価になりやすく、ほぼ不可能でもある。

以下の表は、100本のフランス産ワイン(もちろん外国産ワインも同様に組み合わせ)に基づいて提案。 

例えば50本のボトルを、ご希望ならば(各自のワインセラーの容量に合わせ)半分をお考え下さい。

次項では、ボトルの整理について提案しましょう。 

 

アラン・エシャリエ著

201839