ブドウ園の悪天候:霜と戦うには?

 

 

水に富むブドウの房は、たとえ一時的であっても寒波に敏感である:温度がマイナス2度以下になると一晩で房を破壊してしまう。土地がくぼみ型の区画は最も弱い。朝露が凍りつく冷たい空気が数日間続けば致命的となる。

 

そのようなブドウ園は、荒廃が明白。一度でも影響を受けると芽は黒くなる。それを黒いゼリーと言う。ワインメーカーは、収穫を守るために天気予報を重視する。トゥレーヌとブルゴーニュでは、早朝からヘリコプターを使う。羽根を高速で回転させることで、大気を温めながら空気を乾燥させる風を作り出す。2017年に初めて開始したこの方法は、1ヘクタールあたり約200ユーロという高いコストにもかかわらず効果的であった。それが実証されれば、大部分の栽培者にとって、この初期投資は、それほど大変ではない。今までの高価な凍結防止風力タービンは更に高額であるからだ。

 

 

その他の霜に対抗することができる要素もある。例えば火、ろうそく、プロパンバーナー又はヒーター等の利用により、ラインの間を通す煙数度上げる方法もある。 驚くべきことに、水や霜はメリットにもなりえる。芽に噴霧され、植物の周りに自然な甲羅を形成し、中心部分を保護する。唯一の欠点は、高価な設備を必要とすることである、ワインメーカーは、ブドウ園のどの部分で行うかを検討する必要がある。

 

Alexandra Reveillon

20/02/2018