フランスのワインとスピリッツは常にトップ!

米国と中国により、フランスの輸出売上高は、昨年129億1000万ユーロに達した。フランスワイン&スピリッツ連盟(FEVS)発表た数字によると8.5%の増加となる。

 

米国では、コニャックは輸出額の40%を示す。売上高は9.5%増加し、初めて30億ユーロを突破した。中国では高級品の販売を伸ばしている上層階級の増加により、出荷数は24.5%増の12億ユーロとなった。主にコニャックとボルドーワインに集中している。中国の顧客は、製品をより熟知し、より高級ボトルを消費するようである。したがって、中国政府の長年の低迷後、改善対策の実施以来ワインとスピリッツの主なフランスのグループ(特にLVMH、ペルノ・リカールとレミー・コアントロー)は、コニャックの販売が最終的に中国で加速している。コニャックの輸出は、2017年に10.8%増の30億7000万ユーロとなり、前年同期比で7.4% 増し、シャンパン28.2億ユーロを含むワインの輸出は9.6%増の86億7,000万ユーロとなった。

しかし、依然としてフランスのワインとスピリッツの第二の市場である英国を忘れてはならない。 売上高は、前年同期比2.7%増の13億3,000万ユーロとなったが、シャンパンは約4〜5%減少、それはEU離脱によるポンド下落による影響が大き

 

2017年の輸出は、フランスの貿易収支において常にトップが航空宇宙、第2位の黒字としてワインとスピリッツであると確認でき、3位は香水や化粧品となる。